本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚判例

婚姻関係が破綻した後の不貞行為に対する慰謝料

妻Xと夫Aは、夫婦関係が悪化し、Aは調停を申し立てるがYは出頭しなかった。Aはマンションを購入し別居した。その後AはYと知り合い、YはAが離婚するということを聞き、交際する。そしてAとYは同棲し、Yは子を出産、Aは認知した。
XはYに対し、慰謝料として1000万円を求める訴訟を提起した。

争点

不貞行為が婚姻関係破綻後の場合の慰謝料請求

結論

認められない

判旨

控訴審
YとAが肉体関係をもった当時、既に婚姻関係は破綻していたと認められる。Yの行為がXとAの婚姻関係を破綻させたものとは言えず、不法行為は認められないとして棄却された。

上告審 控訴審判決を維持した
夫婦の一方と不倫相手との肉体関係は、婚姻関係が破綻していたときは、特段の事情がない限り、配偶者に対して不法行為責任を負わない。不法行為になるのは、夫婦の共同生活の維持という権利や法的に保護される利益を侵害する行為があるときであって、夫婦の関係が破綻していた場合には、原則としてこのような権利や利益があるとは言えないからである。

平成8年3月26日


夫婦関係が破綻した後の不貞行為は、不法行為責任(慰謝料支払い)を負わないという判決です。あくまで、裁判所が夫婦関係の破綻を認めた場合です。

離婚判例TOPに戻る


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図