本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚判例

婚姻関係が破綻していない場合の不倫相手への慰謝料

夫Aは職場の部下であるYと肉体関係をもった。妻XはAに、Yとの関係を終わらせる念書を書かせ、YにもAとの関係を終わらせる誓約書を書かせた。Yは退職し、実家に帰って、それ以降、AとYの関係はない。
XはYに対し、500万円の慰謝料請求訴訟を提起した。

争点

不倫関係が解消し、婚姻関係が継続した場合の慰謝料

結論

慰謝料50万円

判旨

YはAが妻帯者であることを知りながら不貞行為を行い、Xに対して精神的苦痛をあたえたことによる不法行為責任がある。しかし、どちらかといえば上司であるAが主導的であったこと、不倫関係解消の目的は達していること、離婚の危機は乗り越えたこと、Yは退職し相応の社会的制裁を受けていること等を考慮し、慰謝料を50万円とした

東京地裁 平成4年12月10日


離婚判例TOPに戻る


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図