離婚・慰謝料

離婚 離婚協議書 慰謝料 財産分与 親権 養育費 面接交渉 公正証書・・・
 
■お問い合わせください
 
慰謝料
 
離婚の慰謝料とは
 
どちらかの有責行為によって離婚にいたった場合、その苦痛に対する損害賠償のことをいいます。
暴力などによる慰謝料以外に、精神的苦痛に対する慰謝料を請求することもできます。不倫によって離婚にいたった場合も、精神的な苦痛として慰謝料の請求が可能です。
 
一般的には夫から妻へ支払うものというイメージや、もしくは離婚を言い出した方が支払うものというイメージがあるかも知れませんが、離婚をすれば、必ずどちらかが支払わなければならないというものではなく、必ずしももらえるというものでもありません。
 
慰謝料の金額
 
慰謝料には相場というものがありません。裁判での判例等で、おおまかに知ることができる程度です。
 
慰謝料請求の時効
 
損害および加害者を知ったときから3年で時効になります。
 
手切れ金としての慰謝料
 
離婚したいが、相手に離婚を迫るだけの有責が無い場合、○○円支払うから離婚してほしいというように、離婚の交渉をすることがあります。この場合は、慰謝料というよりは解決金、俗にいう手切れ金といったものでしょうか。
 
不倫相手への慰謝料請求
 
離婚にいたった理由が、相手方の不倫による場合、不倫相手へも慰謝料の請求をすることができます。
しかし、不倫相手への慰謝料請求は確実な証拠が必要です。また、不倫相手が妻帯者であることを知っていなければなりません。
証拠がないのに慰謝料を請求すると、逆に名誉毀損などで訴えられることがありますので、注意が必要です。慰謝料の請求をする前に、裁判になっても勝訴できるだけの証拠を確保しましょう。
 
不倫相手への慰謝料の条件
 
@不貞行為(性行為)があること
A相手が妻帯者であることを知っていたこと
B夫婦関係が破綻していなかったこと
 
 
離婚TOP
財産分与
親権・監護権
養育費
面接交渉
離婚協議書
公正証書
 
↓PCサイト↓
 
離婚協議書 離婚公正証書

(c)行政書士オフィス結い