本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚Q&A

離婚文書編

養育費は公正証書にするべきだと聞きましたが、本当ですか?


はい本当です。
養育費は通常、月々いくらといったかたちで支払います。

当然、5年10年と経てば、状況も変わることになります。

養育費に限らず、慰謝料や財産分与などで、分割にする場合は、支払いが滞るほうが多いのが現状です。つまり、きちんと支払う方がめずらしいのです。

そんなとき、効果を発揮するのが公正証書です。公正証書でも、強制執行認諾約款を付けた公正証書です。

強制執行認諾とは、支払いが滞った場合は、強制執行されても文句はありませんといった内容を、事前に陳述することです。
強制執行されても文句は言いませんと事前に言っているので、実際に支払いが滞った場合は、相手方の同意も裁判所の判決も必要なく強制執行の手続にはいることができます。

給与の差し押さえは、直接勤務先の会社に対して裁判所から命令されます。会社は特別な理由がない限り、それを拒むことができません。
当然給与の差し押さえなどされたくないですし、会社での立場にも影響があるので、そのような自体にならないよう、滞りなく、多少無理してでも支払いますね。強制執行するしないは別にして、強制執行できるといったことだけでも、このように相手方はかなりの精神的圧迫があります。

多少費用はかかりますが、強制執行だけではなく、強制執行できるということだけで支払いが滞る可能性が低くなります。その効果は絶大です。


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図