本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚Q&A

依頼編

離婚協議書と離婚公正証書のどちらがいいですか?


将来にわたって金銭を支払ってもらう場合は、公正証書がいいでしょう。

その際、強制執行できるよう、強制執行認諾約款をつけてください。

また、年金分割する場合は、公正証書か、年金分割に関する合意書を公証人に認証してもらう必要があります。

離婚協議書でもいいのは、慰謝料などが一括での支払いで、署名押印と同時に金銭のやり取りがある場合のみです。

財産分与などで名義変更などがある場合も、名義変更などがすべて完了してからの合意書であれば離婚協議書でもかまいませんが、できる限り公正証書にしましょう。

ある程度法律に知識がある場合で、お互いの履行条件がすべて完了している場合か、署名押印と同時に完了する場合のみ、離婚協議書でかまいません。(公正証書よりも良いという意味ではありません。)


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図