本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚知識

離婚知識メニュー

知識TOP 別居 協議離婚 調停離婚 審判離婚
裁判離婚 慰謝料 財産分与 親権 監護権
養育費 面会交流 年金分割 DV モラハラ
離婚届 離婚後 戸籍 子の戸籍 子の氏
保険・年金 公的扶助

別居

婚姻中は、夫婦には同居義務というものがあります。
理由もなく一方的に家を出て行くことは、同居義務違反になり、「悪意の遺棄」に該当してしまいます。また、一方的に出て行っってしまうと「有責配偶者」になってしまいます。

ただし、DV(ドメスティック・バイオレンス)などがある場合には、身の安全を確保する方が大切です。まずは、専門の機関に相談してください。

離婚を前提とした別居から、婚姻関係を修復するための冷却期間としての別居、夫婦関係の問題以外でも、仕事上などでやむを得ず別居することもありますが、どの場合も婚姻費用(生活費)を分担する義務や、子を扶養する義務(養育費)に、なんら変わりはありません。

別居中の生活(婚姻費用の分担)

別居中と言えども、婚姻費用を分担する義務があります。
夫婦の生活が同じ水準になるように、生活費を分担するということです。

夫婦がともに収入があり、同等の生活水準であれば問題ないのですが、どちらかが無職であったり、パート、アルバイト等、収入に差がある場合は、収入の多い方が少ないほうに支払わなければなりません。

別居中に、婚姻費用をもらわずに、そのまま離婚に至った場合は、それまでの婚姻費用の未払い分を遡って請求することができます。

別居中の養育費

親子である以上、親は子を扶養する義務がありますので、子と同居していない方の親は、子を扶養する義務として養育費の支払い義務が生じます。

子に対する養育費は、相手方が勝手に出て行ったことなどを理由に拒絶することはできません。夫婦の問題と親子の関係は別です。

養育費を支払ってもらえないまま、離婚に至った場合は、別居のときから遡って請求することができます。


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図