本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚知識

離婚知識メニュー

知識TOP 別居 協議離婚 調停離婚 審判離婚
裁判離婚 慰謝料 財産分与 親権 監護権
養育費 面会交流 年金分割 DV モラハラ
離婚届 離婚後 戸籍 子の戸籍 子の氏
保険・年金 公的扶助

離婚後の戸籍

婚姻によって氏が変更された方は、離婚することによって旧姓に戻り、従前の戸籍(親の戸籍等)に戻ることになります。
その際、新しい戸籍を編製することも可能です。
旧姓に戻らず、婚姻期間中の氏を引き続き称する場合は、婚氏続称の届出を行います。

離婚後の戸籍については下記の3通りがあります。
・旧姓に戻り、従前の戸籍に戻る
・旧姓に戻り、新たに戸籍を編製する
・婚姻期間中の氏を称し、新たに戸籍を編製する

新戸籍の編製

特に手続きを行わなければ、元の戸籍(親の戸籍等)に戻ることになるのですが、その際、新たに戸籍を作ることも可能です。
手続きは、離婚届に記載欄がありますので、そこに記載することで新戸籍が編製されます。

子を、自分と同じ戸籍に入れようとお考えの方は、離婚の際に新たに戸籍を作る必要があります。その上で、子の氏の変更入籍の手続きが別途必要です。

婚氏続称の届出

離婚によって旧姓の戻る方は、離婚の日から3ヶ月以内に届出を行うことによって、婚姻中の氏を称することができます。
(理由や相手方の承諾等は必要ございません)

上記は届出を行うことで変更できますが、万一、3ヶ月を経過してから変更する場合や、婚氏続称の届出を行った後に旧姓に戻す場合は、戸籍法の定めるところにより家庭裁判所の許可が必要になります。
家庭裁判所の許可を得るためには、「やむを得ない事由」が必要になりますので、婚氏続称の届出は慎重に行ってください。


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図