本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚知識

離婚知識メニュー

知識TOP 別居 協議離婚 調停離婚 審判離婚
裁判離婚 慰謝料 財産分与 親権 監護権
養育費 面会交流 年金分割 DV モラハラ
離婚届 離婚後 戸籍 子の戸籍 子の氏
保険・年金 公的扶助

面会交流

離婚後、親権者又は監護権者にならなかったために、子どもと別居することになった一方の親が、子どもと面会などをすることをいいます。

面会交流は、平成24年民法改正により、法律に明文化されました。

具体的な面接交渉の内容は、親同士が決めることになるのですが、折り合いがつかない場合は、調停や裁判の場で決めることになります。

面接交渉の判断は、子の福祉ということが最も重要視されます。
ですので、親が子を虐待したり、子と面接交渉を行うと、その後子どもを帰さないような場合は認められません。

ある程度の年齢になっている場合は、子の意思も尊重されるようです。子どものことを一番に考えた交渉が望まれます。

面接交渉の取り決めは、できれば詳しく決めておく方が良いと思われます。いざ面接交渉の段階になって、どちらが面接交渉場所まで連れていくのか、迎えに来るのか、面接交渉場所までの交通費はどちらが負担するのか、など後に揉めることがあります。

合意したのであれば、きちんと文書にして残しましょう。


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図