本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚知識

離婚知識メニュー

知識TOP 別居 協議離婚 調停離婚 審判離婚
裁判離婚 慰謝料 財産分与 親権 監護権
養育費 面会交流 年金分割 DV モラハラ
離婚届 離婚後 戸籍 子の戸籍 子の氏
保険・年金 公的扶助

審判離婚

審判離婚とは、調停で合意に至らなかった場合に、裁判所が職権で離婚を決定することをいいます。

審判離婚になるのは

・夫婦の双方が離婚の審判を望んでいるとき
・夫婦の双方が離婚に合意しているが、何らかの事情により調停成立時に出向く ことができないとき、又は、離婚に合意したにもかかわらず、調停成立時に一方 が出席しなかったとき
・感情的理由によって離婚に合意できないとき
・離婚には合意しているが、条件面で多少の食い違いがあり、調停が成立しなか ったとき(条件面でも裁判所が決定します)
その他、裁判所が審判することに理由があるときなど

異議申し立て

審判離婚は、裁判所が離婚の決定をするため、その決定に従いたくない場合は異議申し立てができます。

異議申し立ては、2週間以内にすることができます。2週間を過ぎますと離婚が確定します。


行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図