本文へスキップ

離婚協議書のやさしい作り方

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-414-8385

メールメールでお問い合わせ

離婚協議書のやさしい作り方

自分で作成メニュー

作成TOP 注意点 デメリット 書式
慰謝料 財産分与 親権 監護権
養育費 面会交流 署名押印 サンプル

署名押印

概ね下記の通り記載しましょう。

(1)住所と氏名は自署しましょう。
(2)住所は印鑑証明書とおりに記載します。
(3)印鑑は実印を押印しましょう。
(4)日付は署名押印した日付です。

2枚以上になる場合は、契印が必要です。

上記のとおり合意したので、本書二通作成し、甲乙各自署名押印の上、各自一通ずつ保有する。

  平成25年4月1日

       住所 兵庫県神戸市中央区●●町1丁目3番地2号

          甲 氏名 神戸 太郎   印

       住所 兵庫県神戸市西区●●町4丁目1番地の2

          乙 氏名 神戸 花子   印

離婚協議書の保管

離婚協議書は2通作成し、お互いが1通ずつ保管するのが通常です。

各自相手方の印鑑証明書を離婚協議書と一緒に保管しても良いでしょう。


いかがですか?作成できましたか?
各条文を見てください。充分理解されていますか?
各条文に矛盾点はありませんか?

離婚をあせるあまり、相手方の差し出した離婚協議書に、何も考えずに印を押そうとしていませんか?

押印する前に、もう一度よく読み返し、じっくり考えてください。

行政書士・社会保険労務士法人
オフィス結い


〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル8F

 TEL 078-414-8385
 FAX 078-414-8386

 事務所概要

地図