本文へスキップ

離婚協議書・離婚公正証書の作成は行政書士橋本事務所

監護権の書き方campaign

監護権の記載事項

概ね下記の内容を記載します。

1.対象となる子
2.親権者は誰か
3.監護権者は誰か

文面

第○条 甲乙間の未成年の子次郎(平成10年10月10日生、以下丙という) の親権者を甲と定める。 乙は丙の監護権者となり、成年に達するまでこれを引き取り養育する。

監護権の記載について

子が2名以上いる場合、親権者はそれぞれの子に対し、別々に 定めることができます。

親権と監護権を分けない場合も、「親権者を○と定め、同人において 監護養育する」と記載しておくと確実です。