本文へスキップ

離婚協議書・離婚公正証書の作成は行政書士橋本事務所

面接交渉の解説campaign

面接交渉とは

離婚後、親権者又は監護権者にならなかった方の親が、子どもと面会などをすることをいいます。

面接交渉は、法律に規定があるわけではないのですが、一定の権利として認められるようです。
具体的な面接交渉の内容は、親同士が決めることになるのですが、折り合いがつかない場合は、調停や裁判の場で決めることになります。

面接交渉の判断は、子の福祉ということが最も重要視されます。
ですので、親が子を虐待したり、子と面接交渉を行うと、その後子どもを帰さないような場合は認められません。

ある程度の年齢になっている場合は、子の意思も尊重されるようです。子どものことを一番に考えた交渉が望まれます。

面接交渉の取り決めは、できれば詳しく決めておく方が良いと思われます。いざ面接交渉の段階になって、どちらが面接交渉場所まで連れていくのか、迎えに来るのか、面接交渉場所までの交通費はどちらが負担するのか、など後に揉めることがあります。

合意したのであれば、きちんと文書にして残しましょう。

離婚協議書への記載

具体的に取り決めたことを記載します。
・月に何回か
・どこで会うか
・面接場所にはどのようにしていくのか
 (連れて行くのか、迎えにくるのか)
・どのように連絡を取るのか
・子どもとの直接の電話や手紙、メールはどうするか
・1回の面接時間はどのくらいか
・泊まることはあるのか
・日時はどうやって決めるのか。又は、あらかじめ決めるのか
 (毎月第3日曜日の午後1時から3時)
・電話や手紙のやりとりを認めるのか
・学校行事はどうするか
・子どもが拒否した場合、どうするか ...etc

面接交渉の書き方