本文へスキップ

離婚協議書・離婚公正証書の作成は行政書士橋本事務所

離婚協議書

離婚協議書の必要性

離婚する際、子どものことをどうするのか、財産はどのように分与するのか、また、慰謝料は発生するのか、額はいくらか、支払方法はどのようにするのかなど、さまざまなことを決めることになります。

法律上は、口約束でも有効です。

しかし、実際に約束を守ってもらえない場合に、合意したという証拠がありません。調停や裁判をしても、約束したことを証明できません。
離婚協議書があれば、裁判所に対して合意したことを証明できます。
 
さらに、離婚協議書を公正証書にすることで、裁判を得ないで強制執行できる場合もございます。

離婚協議書の注意点

夫婦間で合意し、お互い納得して文書にしていても、すべて有効になる訳ではございません。法律に照らし合わせ、無効になるような取り決めは効力がございません。
そのことが原因で、後に新たなトラブルになってしまいます。

自分たちで作成した離婚協議書でも、法律上問題がなければ有効ですが、もし、不安であれば専門家に作成を依頼しましょう。
不安なまま生活していくよりも、専門家に作成を依頼して安心して生活していく方が良いと思います。