本文へスキップ

離婚協議書・離婚公正証書の作成は行政書士橋本事務所

署名押印campaign

署名押印

概ね下記のように記載しましょう。

1.住所と氏名は自署しましょう。
2.住所は印鑑証明書とおりに記載します。
3.印鑑は実印を押印しましょう。
4.日付は署名押印した日付です。

2枚以上になる場合は、契印が必要です。

文面

上記のとおり合意したので、本書二通作成し、甲乙各自署名押印の上、各自一通ずつ保有する。

 平成○年○月○日

  住所 兵庫県神戸市中央区京町1丁目3番地2号

  甲 氏名 神戸 太郎   印

  住所 兵庫県神戸市西区都町4丁目1番地の2

  乙 氏名 神戸 花子   印

離婚協議書の保管

離婚協議書は2通作成し、お互いが1通ずつ保管するのが通常です。

各自相手方の印鑑証明書を離婚協議書と一緒に保管しても良いでしょう。